HOME記事自立支援医療(更生医療)について

自立支援医療(更生医療)について

自立支援医療(更生医療)について

 

 身体障害者の更生のための医療給付制度です。身体障害者の障害を軽減・除去し、日常生活能力や職業能力の回復向上を図るために指定自立支援医療機関での治療に対し、必要な医療を給付します。
医療費の1割が原則として自己負担になりますが、世帯の所得水準に応じて負担額の上限が決められています。
対象者

18歳以上で身体障害者手帳を有する方
(治療を要する障害認定を受けていること。)

 

 

 

対象例 ・ペースメーカー埋め込み術 ・腎移植術
・人工透析 ・人工関節置換術

手続きに必要なもの 

●申請書
●同意書
●医師意見書
(指定医療機関の指定医師記入)
○健康保険証の写し・個人番号(マイナンバー)
  ※健康保険・共済組合    :扶養被扶養の関係にある方全員分
   国民健康保険・後期高齢 :同じ世帯で加入している方全員分
○健康保険特定疾病療養受給者証の写し (お持ちの方のみ)
○身体障害者手帳
○年金額等の確認できるもの
(年金振込通知の写し、振込通帳の写し等)
○印鑑
○窓口手続き者の身元確認書類
○委任状(申請者本人以外の方が申請に来る場合)

 注意事項

転入により課税状況が確認できない場合は、前住所地で課税証明を取得していただくことがあります。
審査の結果非該当となる場合があります。
原則として、治療等の事前申請にて受け付けています。

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。