HOME記事自立支援医療(育成医療)について

自立支援医療(育成医療)について

自立支援医療(育成医療)について

                  

 身体に障害のある18歳未満の児童を対象として、医師が手術などにより確実な治療効果が期待できると認めた場合、指定医療機関での治療に対し必要な医療を給付します。
医療費の1割が原則として自己負担になりますが、世帯の所得水準に応じて負担額の上限が決められています。

 

対象者 18歳未満で障害者自立支援医療(育成)指定医療機関にて手術・治療を行う方
医師が確実な治療効果が期待できると認めた方

 

対象例 斜視・口唇口蓋裂・心臓手術(指定されたもの)等

 手続きに必要なもの       ●は市役所窓口にあります

●申請書
●同意書
●医師意見書
○健康保険証の写し・個人番号(マイナンバー)
  ※健康保険・共済組合    :扶養被扶養の関係にある方全員分
   国民健康保険・後期高齢 :同じ世帯で加入している方全員分
○健康保険特定疾病療養受給者証の写し (お持ちの方のみ)
○印鑑
○窓口手続き者の身元確認書類
○委任状
(申請者本人以外の方が申請に来る場合)

注意事項

転入により課税状況が確認できない場合は、前住所地で課税証明を取得していただくことがあります。
審査の結果非該当となる場合があります。
原則として、治療等の事前申請にて受け付けています。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。