HOME記事補装具の支給について

補装具の支給について

補装具の支給について

 

 補装具とは、身体の失われた部分や動かすことのできない部分を補う装具のことをいいます。障害の内容及び程度により該当する装具が違いますので、事前にご相談ください。

 

対象者

 市内にお住いの在宅の方(一部、施設入所者も対象となる装具もあります。)で障害部位の手帳をお持ちの方及び難病等の方
※ただし、次の事項に該当する方は給付対象となりません。
  1、介護保険法による給付対象となる用具を受けられる方。
  2、世帯員のうち市民税所得割が46万円以上の方がいる世帯。

 障害の部位と補装具の種類 表のとおり

障がい部位 補装具の種類  
視覚 盲人安全杖、義眼、眼鏡
聴覚 補聴器
肢体不自由 義肢、装具、車いす、歩行補助杖、歩行器、電動車いす
座位保持装置、重度障害者用意思伝達装置
※以下は児童のみ
座位保持いす、起立保持具、頭部保持具、排便補助具

 手続きに必要なもの     ●は市役所窓口にあります

●申請書

○障害者手帳
●意見書または診断書(装具の種類によって違います)
○見積書(補装具を購入(修理)を依頼する業者のもの)
○印かん
○個人番号(マイナンバー)
●委任状(申請者以外の方が代理申請に来る場合)
○代理人の身元確認書類

 その他

補装具の種類によっては、徳島県障がい者相談支援センターの判定が必要なものがありますので、その判定が出るまで期間がかかりますので、ご承知おきください。

 利用者負担金

自己負担 原則1割(非課税世帯は無料)及び基準額を超えた額

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。