HOME記事障害者虐待防止センター

障害者虐待防止センター

障害者虐待防止センター

            

 障害者虐待は障害者が地域社会で安心して自立した生活が営め、さらに社会参加していく上で大きな妨げになっています。
 障害者の権利を守り、安定した生活や社会参加を支援するために、みんなで障害者虐待の防止等に取り組みましょう。

 ※障害者虐待には次のことがあります。

○身体的虐待
身体に傷や痛みを負わせる、暴行を加えたり、正当な理由が無く、身動きがとれないようにすること。
○性的虐待
強制的にわいせつな行為をしたり、させたりすること。
○心理的虐待
暴言や侮辱・拒絶などにより、精神的な苦痛を与えること。
○放棄・放任(ネグレスト)
日常生活の世話や介護をほとんどせず、障害者の心身を衰弱させること。
○経済的虐待
本人の同意なしに、財産や金銭を不当に使ったり、理由なく日常生活に必要な金銭を与えないこと。

 ※障害者虐待を発見又は気づいた人は通報義務が定められています。

・特定の人や場所(家庭・施設・職場など)ではなく、どこでも起こります。
・虐待されている人が虐待と認識できず、自分では被害を訴えられないこともあります。

 

※「あれっ・・? 虐待・・?」と思ったら、相談・通報を

・障害者生活支援センター はくあい Tel:72-2251

・ワークサポート やまなみ     Tel:79-3928

・三好市障害者虐待防止センター   Tel:72-7610

 (三好市長寿・障害福祉課 内)

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。