HOME記事三好市里山森林整備支援事業について

三好市里山森林整備支援事業について

補助事業の名称

  三好市農林水産業振興事業

事業の目的

 里山における森林の管理の適正化を促進させることを目的として、地域における森林施業に必要となる森林情報の収集や合意形成に向けた包括的な支援を実施します。

事業の内容 

 地域住民自らが森林所有者等に働きかけを行い、集落内における生活道路に影響を及ぼしている支障木の解消を図る取組に対して、その支障木の除去作業等に係る費用の一部として、支障木1本当たり1,000円を助成します。

 ただし、助成対象とする支障木は、地域内の居宅から半径30mの同心円内を対象範囲として、道路の路肩から5m以内にある概ね胸高直径22㎝以上(=幹回り70㎝以上)の杉・檜等の人工林であり、上限は30万円として他の補助事業との併用はできません。

事業実施主体

  • 自治会単位の申請となります。
  • 事業を実施しようとする自治会長は、補助金交付申請書ほか指定する関係書類を添えて提出してください。

※詳しいことは、三好市役所農林政策課までお問い合わせください。

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。