HOME記事新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは、新型コロナワクチンを接種された事実を日本語および英語で証明するもので、当面は海外へ渡航を予定されている方にのみ発行することとなっています。

接種証明書の効力は国・地域により異なり、必ずしも防疫措置の緩和や免除等が受けられるわけではありません。外務省海外安全ホームページにて諸外国の動向が公開されていますのでご参照下さい。

外務省海外安全ホームページはこちら

なお、日本国内で接種の事実を証明したい場合、ワクチンの接種時に発行される「接種済証(臨時)」又は「接種記録書」により証明することが可能です。

□ 必要書類について

■ 必須の書類

1)申請書 接種証明書申請書.xlsx (XLSX 18KB)  接種証明書申請書.pdf (PDF 45.9KB)

2)証明を受ける方の旅券(パスポート)又はその写し

■ 紛失した場合を除き必須の書類

3)接種券(紛失された場合はマイナンバーが確認できる書類又は住所の記載された本人確認書類)

4)接種済証(臨時)又は接種記録書(紛失された場合はご相談下さい。)

■ 場合によって必要な書類

5)旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載のある方)

6)本人の自署による委任状(代理人による申請の場合)

7)返信用封筒(申請者が切手を貼り、返送先住所を記載)と住所の記載された本人確認書類(郵送による申請の場合)

 

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。