HOME記事令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付事業

令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付事業

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、子育て世帯を支援する取り組みの一つとして、臨時・特別の一時金を支給することとなりました。このうち、とくに中学生までの児童手当受給者にはできるだけ速やかに給付することとなっています。

三好市では、この対象となっている方について年内支給をめざし「プッシュ型」給付※に取り組みます。

 

【12/17追記・変更】当初、この給付金については、「子ども1人当たり5万円の現金を迅速に支給することとし、その際、中学生以下の子どもについては(略)、「プッシュ型」で年内に支給を開始する」こととされていましたが、12月15日付の内閣府令和3年経済対策世帯給付⾦等事業担当室発出の通知により、正式に「10万円の現金を一括で給付することも、自治体の判断により可能」と示されました。
これをうけ三好市では、先行給付として進めていた5万円の「プッシュ型」給付対象となっていた方への給付について、10万円の一括給付へと変更することといたしました。

また、この他の給付対象となる方についても同様に給付していく予定です。

 

【12/28追記】「プッシュ型」給付の対象となっている方については、通知に掲載した口座(児童手当が振り込まれている口座)に12/27に振り込みをいたしましたので、ご確認ください。

この他の支給対象者となっている方については、原則、申請が必要となります。申請書については、令和4年1月をめどにお送りさせていただく予定です。

また、この給付金の趣旨について、改めて広く周知するよう国より通知がありましたので、下記ファイルを参考にしていただき、ご理解・ご協力をお願いします。

子育て世帯への臨時特別給付の趣旨について (PDF 356KB)

 

 

 1.支給対象児童

(1)令和3年9月分の児童手当(本則給付)支給対象となる児童

(2)令和3年9月30日時点で高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童(保護者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象となる金額と同等未満の場合)

(3)令和4年3月31日までに生まれた児童手当(本則給付)の支給対象児童(新生児)

【注意】特例給付もしくはそれに準ずる方は、本給付金の対象外となります。

 

2.支給対象者

上記「1.」に該当する児童の保護者のうち、児童手当本則給付受給者(生計を維持する程度の高い者)に支給いたします。

 所得制限の詳細については、「児童手当制度のご案内(内閣府)」を参考にしてください。

 https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html

 

3.支給額

支給対象児童1人につき10万円です。(12/17変更)

 

4.申請方法

(1)令和3年10月支給時の児童手当(本則給付)を受給している方(公務員を除く)

 12/27に「プッシュ型」給付に取り組ました。これに該当していて振り込みが確認できない方がいましたら、子育て支援課まで連絡してください。

(2)それ以外の方

 令和4年1月をめどに、順次、申請書を送付いたしますので、記入・返送してください。

 

5.その他

▼給付金に関する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

 三好市から給付金に関し、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることはありません。不審な電話等がかかってきた場合には、すぐに三好市もしくは三好警察署に連絡・相談してください。

▼内閣府コールセンターについて

 「令和3年度子育て世帯の臨時特別給付金」に関する一般的なお問い合わせには、内閣府が開設したコールセンターが対応していますので、ご利用ください

https://www5.cao.go.jp/keizai1/kosodatesetaikyufu/index.html

電話番号:0120-526-145

時間:午前9時から午後8時

 

子育て世帯への臨時特別給付のご案内1217 (PDF 672KB)

 

※プッシュ型給付とは

自治体等の行政機関が対象者に対して積極的・能動的に支給する給付形式です。通常の給付は対象者が行政に申請することが必要ですが、プッシュ型給付では申請が不要で、行政機関が対象者を選定して給付します

 

この他、給付金制度に変更等があった場合は、随時このページに掲載していきます

 

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。