HOME記事認知症サポーター養成講座を開催しませんか

認知症サポーター養成講座を開催しませんか

 「認知症サポーター」とは、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。認知症サポーター養成講座を受講すれば、どなたでも認知症サポーターになることができます。

 三好市では、認知症サポーターの方を多数養成することで、認知症になっても安心して暮らせるまちを、市民の手によってつくっていくことをめざしていますので、下記要領を参考に、お気軽にお問合せ・お申込みください。

キャラバン

▼講座開催の対象団体

 おおむね10人以上の団体(自治会・老人クラブ・婦人会などの地域団体、職場・学校など)

▼講座の時間

 60~90分

▼講座の内容

 認知症を病気として理解する・認知症の方と接するときのこころがまえ

 認知症の方やその介護をしている方の気持ちを理解する・認知症サポーターのできること

▼講師

 キャラバン・メイト養成講座を受講した講師を派遣いたします

▼申込方法

 講座の開催1か月前までに、開催申請書に必要事項を記入して、下記窓口までお申し込みください

 なお、開催後には実施報告書の提出をお願いしています

  講座開催申込書 (DOCX 24.7KB)  講座開催申込書 (PDF 61.4KB)

  講座実施報告書 (DOCX 24.5KB)  講座実施報告書 (PDF 53.8KB)

▼受講料

 無料

▼お問合せ・申込み

 みよし地域包括支援センター

 〒778-0002三好市池田町マチ2183番地

 電話:72-5877

 FAX:76-0150

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。