HOMEお知らせ三好市の取組み都市再生整備計画(第3回変更)について
HOME三好市の取組み施策・計画都市再生整備計画(第3回変更)について

都市再生整備計画(第3回変更)について

池田地区市街部

三好市では、平成19年度より池田地区市街部において、市が策定した「都市再生整備計画」に基づく事業(旧まちづくり交付金事業)を「社会資本整備総合交付金」の制度にのっとり、国土交通省の事業採択を受けて実施しています。
「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金等を統合し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。交付対象事業には、道路や港湾整備のほか、治水や市街地及び住宅環境の整備までをも網羅しており、その名のとおり総合的なインフラ整備のための交付金としての性格づけがなされています。
このうち、三好市が実施している「都市再生整備計画事業」は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを行うことにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としており、その事業の実施計画にあたるものが「都市再生整備計画」になります。
三好市が策定した「都市再生整備計画」では、「観光・交流・地域振興を高め、中心市街地の活性化を図る。」という「大目標」のもと、交流人口の増加、市街部のにぎわいの再生等を目指したまちづくりに取り組んでいます。主な事業として、JR阿波池田駅~池田総合体育館間のアクセス道の整備、地区内の8つの市道のカラー舗装化等を計画しており、事業期間は平成19年度から平成23年度までの5カ年となっています。

 

この度、事業内容の一部を変更した「池田地区都市再生整備計画(第3回変更)」を作成しましたので、ここに公表いたします。

ダウンロード用ファイル

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード