HOME観光・文化・スポーツ観光「千年のかくれんぼ」コンセプトブックができました
HOMEお知らせ観光・文化・スポーツ「千年のかくれんぼ」コンセプトブックができました

「千年のかくれんぼ」コンセプトブックができました

大歩危・祖谷地区の魅力を国内外にPRするコンセプトブック「千年のかくれんぼ」ができました

千年のかくれんぼ表紙(日本語版と英語版)

落合集落と祖谷ソバ

三好市など県西部の4市町(三好市・東みよし町・美馬市・つるぎ町)と県などで構成される「にし阿波~吉野川・剣山観光圏」(※1)が三好市の大歩危・祖谷地区の魅力を国内外にPRするための冊子(コンセプトブック)をこのほど発行しました。大歩危・祖谷地区は、ここ数年、外国人観光客が増え、県内外から注目されつつありますが、さらにこの機会を利用してPRを強化することで、国内外からの観光客をこの地区に一層呼び込むことを目的としています。

冊子は、「千年のかくれんぼ 山と暮らすこと」(A4変形判)と題して、日本語版と英語版がそれぞれ作られ、日本語版が49ページ、英語版が29ページからなります。大歩危・祖谷地区の代表的な大歩危峡、祖谷の蔓橋、落合集落などの名所や山城のホタル、東祖谷のかかしの里、西祖谷のからくり襖絵などの風物詩のほか、祖谷そばなどの郷土料理や「有瀬茶」「山城茶」などの特産物がふんだんに紹介されています。写真は、松茂町出身の風景写真家・宮武健仁さんが手掛けており、壮大で美しい自然と共にそこで暮らす人々の知恵が温かいメッセージで綴られています。巻末には、地区のイラストマップや宿泊施設も紹介されています。

※冊子は非売品で主に国内外からの誘客を目的に配布されるため、一般の皆様には、日本語版についてのみ次の方法で概要をご覧いただけます。

1.WEB公開用(画質小)のファイルから閲覧していただく。

次から2ページ見開き状態で全ページご覧になれます。

一括でご欄になれます

ページごとにご欄になれます。

2.指定の場所で冊子を閲覧していただく。

  • 徳島県西部総合県民局 企画振興部(三好庁舎)
  • 三好市役所分庁舎 産業観光部 観光課
  • 三好市役所本庁 1階ロビー

※1 観光圏とは、観光立国の理念「住んでよし、訪れてよしの国づくり」の実現に向けて、観光圏という広いエリアで重点的に事業を進めることで、観光旅客の増加や長期滞在ができる観光地づくりを目的としています。にし阿波~吉野川・剣山観光圏(以下:同観光圏)は、平成20年度に観光庁から認定されました。同観光圏では、観光振興を過疎対策としてとらえ、豊かな地域資源を連携させながら、個々を超える魅力を生み出すことで、世界に通用する競争力の高い観光地域を目指しています。さらに三好市の大歩危・祖谷地域は、同観光圏の滞在促進地域に選ばれていることから、この地域に伝わる平家落人伝説や妖怪伝承などをモチーフにしたブランドイメージ「千年のかくれんぼ」を掲げています。このほど発行された冊子のタイトルは、そのブランドイメージ「千年のかくれんぼ」が採用されました。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード