HOMEお知らせ産業・仕事農振除外の手続きについて
HOME産業・仕事農林水産業農振除外の手続きについて

農振除外の手続きについて

農振農用地とは

三好市では「農業振興地域の整備に関する法律」に基づき、優良農地として守る必要のある農地を、農業振興地域内の農用地(青地)として指定しています。農業振興地域内の農地には農振農用地(青地)と、その他農用地(白地)の2種類があります。

農振整備計画の変更(農振除外)とは

農用地(青地)に指定されている土地に住宅、駐車場、資材置場等を計画されるときには、農用地からの除外手続きが必要となります。また農機具収納庫等の農業用施設を計画されているときは、用途変更など、農振計画を変更することが必要です。これを農振除外といいます。

  • 農振農用地(青地)の場合
    農地転用等の申請の前に、農振農用地から除外することが必要です。農振除外申請を行ってください。
  • その他農用地(白地)の場合
    農振除外申請の必要はありません。農地転用及び開発に必要な各種申請手続きを行ってください。

農地転用する場合は、事前にご相談ください

農地を農地以外のものにする場合、その農地が農振農用地(青地)に指定されているかを確認する必要があります。転用したい農地の大字、字、地番を調べて、農業振興課へご相談ください。

農振除外の要件(次の事項をすべて満たしていなければなりません)

  • 農用地区域外に代替えできる土地がないこと。
  • 農地の集団化、作業の効率化等、土地の農業上の利用に支障を及ぼす恐れがないこと。
  • 農用地区域内の土地改良施設の機能に支障を及ぼす恐れがないこと。
  • 土地改良事業等の工事が完了した年度の翌年度から起算して8年を経過した土地であること。

その他注意していただきたいこと

  • 農振除外後、すみやかに申出目的どおりに事業を完了すること。
  • 申出目的どおりに使用するために法令等の許認可等が必要な場合は、その認可等の見込みがあること。

農振除外の手続き行程概略

農振除外申請

関係機関との調整・意見聴取(農業委員会・地元土地改良区等)

農用地利用計画変更案の作成(県へ事前協議)

公告・縦覧 30日間

異議申出期間 15日間

県へ農業振興地域整備計画変更協議

県知事同意

公告・縦覧

農地転用手続きへ(農業委員会)

申請手続き

申請してから決定するまで、おおよそ半年ぐらい手続きの期間がかかります。

書類提出先

産業観光部 農業振興課

提出書類

  1. 農業振興地域農用地区域除外申出書(一式)*様式下記
  2. 現況写真
  3. 申請土地の登記事項証明書
  4. 公図
  5. 付近の見取り図

農業振興地域農用地区域除外申出書(一式)

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード