HOMEお知らせ三好市の取組み行政評価制度について
HOME三好市の取組み財政・行政改革行政評価制度について

行政評価制度について

三好市では、市民の視点に立った成果重視の行政運営を実現するとともに、市民に対する説明責任を果たし市政の透明性を高めるため、平成19年度から行政評価制度の導入に取り組んでいます。

1.行政評価とは

市が行う活動に対して、その目的や目標を明確にしながら、その活動が「目的にかなった取り組みをしているのか」また「目標に対してどれだけ成果が出ているか」などを客観的に評価し、その結果を行政運営の改善につなげていく制度です。

行政運営サイクルのイメージ図(PDCAサイクル)

行政運営サイクルのイメージ図(PDCAサイクル)

2.行政評価の目的は

三好市が取り組んでいる行政評価の目的は大きく4つに分けられます。

  1. 市民の視点に立った成果重視の実現を図る行政評価を導入することにより、成果を意識した計画立案を行うことや、活動した結果を成果という観点から確認・共有化することを目指します。
  2. 効率的で質の高い行政の実現を図る行政評価を通じて、職員一人ひとりが、行政サービスにかかるコストを認識すること、さらには最小のコストで最大の効果を生み出す仕組みづくりに取り組むことを目指します。
  3. 市民に対する説明責任を果たす行政評価を導入し、市の行っている仕事について、市民に対し、十分な説明を行い市政の透明性を高め、市民との信頼関係や協働関係を深めることを目指します。
  4. 職員の意識改革を図る行政評価を導入することにより、全ての職員が、市民は顧客であることを意識して業務にあたることを目指します。

3.三好市総合計画との関係は

三好市総合計画は、すべての行政活動の基本となる最上位計画であり、三好市のまちづくりの方向性を示したものです。
行政評価は、この総合計画の施策体系に沿って評価を行い、目標とするまちづくりの方向性や成果を確認するとともに、次期計画に反映させるものです。

≪三好市総合計画体系≫基本理念

三好市総合計画体系基本理念

総合計画体系と行政評価の施策評価項目は、ここからご覧いただけます。

4.施策評価は

施策評価は、基本目標政策の目的を達成するための課題を示したものです。それらを項目別に目標を設定し、その達成度を評価するものです。

施策評価シートはここからご覧いただけます。

5.事務事業評価は

市が行う仕事の最も基礎的な単位を【事務事業】と定めています。市の全ての事務事業について、目的妥当性・有効性・効率性・公平性などの視点から点検・評価を行い、その結果にもとづいて改善・改革を行っていくものです。

  1. 目的妥当性・・・事務事業の目的がまちづくりの達成に結びつくものか
  2. 有効性・・・事務事業の活動に対して成果は適切だったか
  3. 効率性・・・事務事業の活動に対してコストは適切だったか
  4. 公平性・・・事務事業の活動に対しての負担は適正だったか

事務事業評価シートはここからご覧いただけます。

評価表は1つの事務事業について3枚1組から成り立っています。

  • 1枚目・・事業の概要説明と事業費や成果指標の推移など現状分析をする部分となります。
  • 2枚目・・1枚目の成果の実態などから、具体的な評価の部分となります。
  • 3枚目・・2枚目の評価をもとに今後の方向性を示す部分となります。

6.市民意識調査

市民の皆さんの意識や意見、要望などを的確に把握するため市民意識調査を実施しました。調査結果は、施策評価シートの成果指標や、今後の市政運営に反映させていきます。

行政評価制度に関するお問い合わせ

三好市の行政評価の取り組みに関することや評価表全般についてのご意見、ご質問は総務課へご連絡ください。評価結果の個々の内容については担当課へお問い合わせください。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード