HOMEくらしの情報手続き税金【個人住民税】医療費控除の申告についての変更点
HOMEお知らせくらしの情報【個人住民税】医療費控除の申告についての変更点

【個人住民税】医療費控除の申告についての変更点

平成30年度(平成29年分)から医療費控除の明細書の添付が必要となりました。

医療費控除の明細書について、下記の様式で作成ください。                       

  • 各保険者からの医療通知をお持ちの場合                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     医療費通知(※)を添付すれば、明細の記入を省略できます。                    

  ※医療費通知:医療保険者が発行する医療費の額等を通知する書類                                                       例)健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などで次の事項が記載されているものをいいます。                                             1)被保険者等の氏名   2)療養を受けた年月  3)療養を受けたもの                                                                   4)療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称    5)被保険者等が支払った医療費の額                                                     6)保険者等の名称

  • 医療費通知を持っていない場合                                                                  「医療を受けた方の氏名」・「病院・薬局などの支払先の名称」ごとにまとめて明細を作成ください。                                   医療費の領収書添付は不要ですが、領収書を5年間保存する必要があります。                                                     (税務署から求められたときは、領収書を提示または提出しなければならないため)

注1)医療通知を添付した分については、明細を作らないでください。                                                      注2)平成30年度~平成32年度(平成29年分~平成31年分)までの申告については、医療費の領収書の添付または提示でも申告できます。

医療費控除の明細書 様式

_医療費控除のチラシ.pdf (PDF 442KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。