HOMEくらしの情報安心・安全防災情報2020年度木造住宅耐震化支援事業の受付を開始します。

2020年度木造住宅耐震化支援事業の受付を開始します。

4月28日から2020年度の三好市木造住宅耐震化促進事業の受付を開始します。

木造住宅耐震診断について(診断費用は無料です)

木造住宅耐震診断1

三好市では、発生する確率が高いと予測される南海地震や中央構造線地震への対策として、市内の木造住宅の耐震診断や耐震改修事業等に補助を実施しています。

地震被害を少なくするためにも、既存住宅の耐震化が重要であり、その第一歩は耐震診断です。

診断を希望する住宅の所有者は、指定の診断申込書等に必要書類を添付の上、お申し込みください。対象住宅の要件により耐震診断を実施します。

 

 

対象となる木造住宅

木造住宅耐震診断2

耐震診断事業の対象となる住宅は、三好市に存する木造住宅となります。

  • 平成12年5月31日以前に着工された建物で、地階を除く階数が3以下の建物
  • 現在居住している住宅(改修後居住する予定の住宅も含む)

添付書類

  • 木造住宅耐震診断申込書もしくは補助金交付申請書
  • 住宅概要書
  • 住宅の所有者及び建築年月が確認できる書類
  • 居住者の同意書(貸家の場合)

募集戸数 20戸程度(先着順)

 

木造住宅耐震補強計画モデル事業(計画費用は無料です)

今年度より、耐震診断の結果、評点が1.0未満となった木造住宅を対象に耐震補強プランと概算見積りを併せて提示する耐震補強計画支援事業を実施します。

耐震診断を受ける方、または、すでに診断を受けている方で耐震改修等を実施していない方が対象となります。

募集戸数 10戸程度(先着順)

 

木造住宅耐震改修支援事業

評点を1.0以上にする耐震化工事の費用について補助します。

対象となる木造住宅

  • 平成12年5月31日以前に着工された建物で、地階を除く階数が3以下の建物
  • 現在居住している住宅(改修後居住する予定の住宅も含む)

補助金額:上限150万円

募集戸数:13戸程度(先着順)

 

住まいのスマート化支援事業

本年度に、木造住宅耐震改修支援事業か耐震シェルター(耐震ベッド)設置支援事業をした住宅に対して利用できる制度です。単独での利用はできません。

ICTやAIを活用した設備を設置するスマート化工事が必須工事です。それらに加えて省エネルギー化工事、バリアフリー化工事等が対象になります。

対象となる木造住宅

 

本年度に、木造住宅耐震改修支援事業か耐震シェルター(耐震ベッド)設置支援事業をした木造住宅

補助金額:上限50万円

募集戸数:18戸程度(先着順)

 

耐震シェルター設置支援事業

耐震シェルターまたは耐震ベッドを設置する工事の費用について補助します。今年度は耐震ベッドのみの受付としています。

対象となる木造住宅

  • 平成12年5月31日以前に着工された建物で、地階を除く階数が3以下の建物
  • 現在居住している住宅(改修後居住する予定の住宅も含む)
  • 高さ1.5m以上の家具の固定(必須)
  • 普及啓発モニターとして、工事施工中や施工後の様子を見せることができる(シェルターの場合)

補助金額:耐震シェルターの場合上限150万円 耐震ベッドの場合上限60万円

募集戸数:5戸程度(先着順)

 

住替え支援事業

耐震性のない木造住宅からの建替えや住替えに伴う除却費用を補助します。

対象となる木造住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された建物で、現在居住する住宅

補助金額:上限50万円

募集戸数:4戸程度(先着順)

 

申込み先:三好市役所 第二分庁舎 建設部管理課(電話72-7681)

※申込書は、三好市役所 第二分庁舎 建設部管理課まで、または、下記をダウンロードしてください。

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。