HOME健康・福祉健康・医療三好市国民健康保険特定健康診査等実施計画について

三好市国民健康保険特定健康診査等実施計画について

診察の様子イラスト

平成20年4月から、「高齢者の医療の確保に関する法律」により、40歳から74歳までの医療保険加入者を対象に内蔵脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した「特定健康診査」及び「特定保健指導」が義務付けされました。

三好市国民健康保険でも、糖尿病等の生活習慣病有病者・予備軍25%減少を目指して、平成20年度から5年間を1期とし「特定健康診査・特定保健指導」に取り組みました。また第1期の評価を踏まえ、平成25年度から平成29年度までの5年間を第2期とする「第2期 特定健康診査等実施計画書」を作成し取り組みを継続しております。

※メタボリックシンドロームとは、内臓肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常という危険因子を2つ以上持っている状態をいいます。メタボリックシンドロームの状態になると動脈硬化が急速に進み、心臓病や脳卒中などの循環器病や糖尿病の合併症等の発病につながりやすくなります。生活習慣病の進行、重症化を食い止めるためにも、1年に1回は必ず健診を受けましょう。

ダウンロード用ファイル

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード