HOME健康・福祉障害福祉障害者(児)福祉について

障害者(児)福祉について

心身障害者の生活を支援し、生きがいをもって地域社会の中で生活してゆくことができるよう、下記のようなサービスや制度があります。詳しいことは、市役所又は支所窓口にお問い合わせ下さい。

各種手帳の交付

手帳には3つの種類(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)があり、障害の程度や特性に応じて、各種の福祉サービスを受けるために必要な手帳です。
手帳の申請をする場合には、医師の診断書等の添付書類が必要です。

手当

障害児福祉手当

在宅の重度障害児で、日常生活において常時の介護を要する状態にある20歳未満の方に対して支給される手当です。所得制限があります。

  • 月額 14,380円

特別障害者手当

在宅の最重度障害者で、日常生活において常時特別の介護を要する状態にある20歳以上の方に対して支給される手当です。所得制限があります。

  • 月額 26,440円

自立支援医療

更生医療

身体障害者の更生のための医療給付制度です。身体障害者の障害を軽減・除去し、日常生活能力や職業能力の回復向上を図るために指定自立支援医療機関により行われます。医療費の1割が原則として自己負担になりますが、世帯の所得水準などに応じて負担額の上限が決められています。

精神通院医療

統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む)を有し、継続的な通院が必要な場合、指定自立支援医療機関で受けた医療費のうち自己負担分について、原則1割となる制度です。ただし、世帯の所得水準などに応じて負担額の上限が決められています。

自立支援給付(障害福祉サービス)

障害福祉サービスは介護の支援を行う「介護給付」、訓練等の支援を行う「訓練等給付」があり、利用の際には申請などの手続きが必要です。また、障害の程度や特性に応じて利用できない場合もあります。

自立支援給付サービスの種類
  サービスの種類
介護給付 居宅介護(ホームヘルプ)、重度訪問介護、行動援護、重度障害者等包括支援、児童デイサービス、短期入所(ショートステイ)、療養介護、生活介護、施設入所支援、共同生活介護(ケアホーム)
訓練等給付 自立訓練(機能訓練・生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援、共同生活援助(グループホーム)

地域生活支援事業

障害者や障害児が、地域社会において、交流の促進を図りながら、豊かで自立した日常生活が営めるよう支援するものです。利用の際には申請などの手続きが必要です。また、障害の程度や特性に応じて利用できない場合もあります。

サービスの種類

移動支援事業(個別型・車両型)、日中一時支援事業、コミュニケーション支援事業(手話通訳等)、地域活動支援センター事業

補装具費支給

身体機能を補い、日常生活や社会生活を容易にするため補装具(義肢、装具、車椅子、補聴器、眼鏡等)費を支給します。

日常生活用具給付

重度障害者の方の日常生活の便宜を図るための用具(特殊寝台、入浴補助用具等)を給付します。

各種助成制度

障害の種類や程度により各種の助成制度があります。手帳交付時にはパンフレットなどによりお知らせしますが、制度により申込先や手続きが違います。

お問い合わせ

  • 長寿・障害福祉課 0883-72-7610
  • 三野支所 0883-77-4800
  • 山城支所 0883-86-1111
  • 井川支所 0883-78-5001
  • 東祖谷支所 0883-88-2212
  • 西祖谷支所 0883-87-2273

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。