HOMEくらしの情報手続き税金【個人住民税】所得控除(寡婦/寡夫)

【個人住民税】所得控除(寡婦/寡夫)

納税者本人が寡婦または寡夫であるときは,住民税の計算時に,26万円(特別の場合は30万円)を所得金額から差し引くことができます。

寡婦

寡婦(寡夫)控除の対象となる寡婦とは,12月31日(年の途中で死亡しまたは出国した場合には,その死亡または出国の日)の現況において,次の1.または2.の要件のいずれかに当てはまる人をいいます。

  1. 夫と死別し,または離婚した後婚姻をしていない婦人や,夫の生死の明らかでない婦人で,扶養親族や生計を一にしている子で総所得金額等の合計額が基礎控除額(38万円)以下のものを有する人
    (注)その子が,他の人の控除対象配偶者または扶養親族になっている場合は除きます。
  2. 夫と死別した後婚姻をしていない婦人や夫の生死の明らかでない婦人で,合計所得金額が500万円以下である人

「特別の寡婦」とは,寡婦のうち,夫と死別または離婚した後婚姻をしていない婦人や夫の生死の明らかでない婦人で,扶養親族である子を有していて,しかも婦人の合計所得金額が500万円以下である人をいいます。

寡夫

寡婦(寡夫)控除の対象となる寡夫とは,12月31日(年の途中で死亡しまたは出国した場合には,その死亡または出国の日)の現況において,次.の要件をすべて満たしている人をいいます。

  1. 妻と死別し,若しくは妻と離婚した後婚姻をしていない人または妻の生死の明らかでない人であること。
  2. 生計を一にする子(他の人の控除対象配偶者または扶養親族とされている子を除きます。)を有し,その子の総所得金額等の合計額が基礎控除額(38万円)以下であること。
  3. 合計所得金額が500万円以下であること。

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。