HOMEくらしの情報手続き年金・保険退職(失業)による特例免除

退職(失業)による特例免除

国民年金保険料は、退職(失業)による特例免除があります。
特例免除は、申請する年度又は前年度において退職(失業)の事実がある場合に対象となります。配偶者・世帯主が退職された場合にも対象となります。
年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)・印鑑・失業していることが確認できる公的機関の証明の写し(雇用保険受給資格者証、離職票等)を持参し、住民票のある市区町村役場にて「国民年金保険料免除申請書」を提出してください。
国民年金には、追納という制度があり、10年以内なら免除を受けた期間の保険料を納めることができます。追納されることにより、老齢基礎年金の年金額に算入されます。
また、免除が承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は、当時の保険料に加算金がつきますので、お早めに追納されることをおすすめします。

お問い合わせ先

阿波半田年金事務所 TEL 0883-62-5350

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。