HOME移住支援制度支援制度【浄化槽市町村整備推進事業】について

支援制度【浄化槽市町村整備推進事業】について

市町村設置型を三好市全域に拡大

合併浄化槽のイメージ図

日常生活でなにげなく流している生活排水が、川や海の水質汚濁の大きな原因と言われています。三好市ではこれまで、合併浄化槽整備と池田町の1地区において農業集落排水で適正な生活排水処理を行ってきましたが、今後、急激な人口減が予想される中で、公共下水道や農業集落排水のような集合処理では、処理施設の維持管理に莫大な財政負担が必要なことから、平成27年度より、三好市全域を「浄化槽市町村整備推進事業」で生活排水を適正に処理していくこととしました。
この「浄化槽市町村整備推進事業」とは、合併浄化槽を市が設置(市町村設置型)していくもので、これまで井川町と山城町で実施されてきた方式を三好市全域に拡大するものです。
事業の内容は、公共下水道などと同じ考え方で、申請者の方から浄化槽設置工事の一部を工事分担金として収めてもらって合併浄化槽を設置します。その合併浄化槽の所有は市となり、使用者から使用料をいただいて維持管理(点検・清掃・法定検査)を市が行う公営企業方式で実施していきます。

事業の推進は民間活力を活用したPFI方式で実施

市が設置(市町村設置型)での事業は、市が事業主体として行うため、事前協議・設計・発注・施工管理・検査・維持管理等多くの業務が発生します。そこに民間の資金、経営能力、技術力を活用して行政に代わってより効率的に、より早く事業の推進を行う方法の一つとして「PFI方式」があり、山城町ではこの方式を採用してきました。
この「PFI方式」は、第三セクター方式等とは異なり、純民間企業が事業主体となり工事の事前協議から施工、維持管理、使用料徴収まで一貫して市に代わって行う方式です。
市では、今回の事業を「PFI方式」を実施することとしており、事業を実施する民間企業は、市内の16社を構成企業とする「(株)三好浄化槽ネットワーク」が実施します。市は、(株)三好浄化槽ネットワークと事業契約を締結しており、浄化槽の設置から維持管理、使用料徴収までの業務を、(株)三好浄化槽ネットワークが市に代わって行います。

お問合せ先

  • (株)三好浄化槽ネットワーク
    住所 三好市池田町ハヤシ1035番地1
    電話 0883-87-8847 フリーダイヤル 0120-878-844
  • 三好市役所 環境課
    住所 三好市池田町シンマチ1395-1
    電話 0883-72-3436

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード