HOMEくらしのガイド子育て予防接種ってなぁに?
HOME子育て・教育子育て支援予防接種ってなぁに?

予防接種ってなぁに?

 予防接種は、感染症を予防するために「ワクチン」を接種することです。ワクチンを接種すると、体の中に抗体(病原体と戦うもの)ができます。ワクチンは感染症の原因となるウイルスや細菌から作られ、次のような種類があります。

  • 殺した病原体 あるいは 病原体の一部を使ったもの
  • 病原体が作る毒素を無毒化したもの
  • 病原性を弱めた病原体

 あらかじめワクチンを接種し、抗体を体内に作らせ防御機能をつくっておけば、病原体が体内に入ってきても発症しなかったり、かかっても軽い症状で済んだりするようになります。感染症は人から人へ伝染する病気です。病気が大流行するのを食い止めるためにも、予防接種は重要な役割を果たしています。

 現在の法律では、予防接種はどうしても受けなければいけないということにはなっていません。予防接種を受けるか受けないかは、個人(保護者)が決めることになっています。予防接種の役割、メリット、デメリットをよく理解したうえで、赤ちゃんを病気から守るためにはどうするのが一番よいか判断しましょう。

 予防接種法に基づく小児の定期予防接種の対象となるものは、BCG、ポリオ、ジフテリア、百日咳、破傷風、麻疹、風疹、水痘、日本脳炎、小児肺炎球菌感染症、Hib感染症、B型肝炎、ロタウイルス感染症となっています。

 詳細は、出生後の赤ちゃん訪問等でお渡ししています「予防接種と子どもの健康」を参考にされてください。お手元にない方は、三好市保健センターまでご連絡下さい。 

 

 

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。