予防接種

お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた、病気に対する抵抗力(免疫)は、生後3~6ヵ月くらいを過ぎると、自然に失われていきます。そのため、赤ちゃんはいろいろな病気の感染を受けると重症化することがあります。そこで、赤ちゃん自身で免疫を作り、病気を予防できるようお手伝いをするのが予防接種です。
「病気が流行していないから、予防接種をしなくてもいいのでは?」という声も聞かれますが、予防接種でみんなが抵抗力をつけているから病気が抑えられている、ということを忘れないでくださいね。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード