HOMEくらしの情報住まい三好地域木造住宅に対する助成制度

三好地域木造住宅に対する助成制度

木造住宅と木のイラスト

三好地域の木材で木造住宅を造ることを目的とした「三好地域木造住宅推進協議会」が設立、三好地域木造住宅に対する助成制度ができました。

助成金

1棟につき50万円

申請方法

申請書および設計図面を三好市林業振興課に提出

応募期間

毎月1日~20日

条件

  1. 三好市に自ら居住する者が、新築または増築する木造住宅
  2. 次の基準を満たし、承認するもの

床面積

住宅部分の床面積が80m²~280m²であること(併用住宅にあっては、住宅部分の床面積が全体床面積の2分の1以上であること)

木材料

木造部分の、大引き、根太、管柱、通柱、貫、小屋束、母屋、小屋垂木、野地板については、三好産材とすること

構造材の寸法

構造上主要な柱(通柱および隅柱)および土台の寸法を10.5cm角以上とする(住宅性能保証制度を採用する場合は主要な柱を12cm角以上とすること)

内装

内装材については、壁または天井の仕上げ材などを中心に、三好産材である板材をみえがかり30m²以上使用すること

床下構造等

基礎は、鉄筋コンクリート造、立ち上がりの高さを地盤面から40cm以上とする
床下に厚さ6cm以上のコンクリートを打設する

断熱構造

住宅金融公庫仕様書程度の断熱性能を有すること

設計者

三好地域木造住宅推進協議会会員の設計業者が行なうこと

施工者

三好地域木造住宅推進協議会会員の施工業者が行なうこと

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。