HOME産業・仕事農林水産業三好市人・農地プランの更新について

三好市人・農地プランの更新について

集落・地域で話し合い、「人・農地プラン」を作成しましょう。

皆さんの地域の「人と農地の問題」について考えてみませんか。
高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの「人と農地の問題」があり、5年後、10年後の農業の展望が描けない地域が増えています。
地域の皆さんで話し合ってプランを作り、実行していくことによって「人と農地の問題」を解決しましょう。

1 人・農地プランは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。

集落・地域における話し合いによって、5年後、10年後に誰がどのように農地を利用するのか設計図を描きます。

具体的には

  • 今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか
  • 中心となる経営体へどうやって農地を集めるか
  • 中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた地域農業のあり方などを決めていただきます。

2 人・農地プランの決定状況(平成26年9月30日現在)

地域ごとのプラン原案を、農業関係者等による検討会で審査を行い、次のとおり市において決定しました。

  • 更新された年月日 平成26年9月18日
  • 更新された地区 三野地区、山城地区
  • 閲覧期間 平成26年10月15日~11月14日まで
  • 閲覧時間 平日(午前8時30分~午後5時15分)
  • 閲覧場所 産業観光部農業振興課

3 人・農地プランには、様々なメリットがあります。

人・農地プランに位置づけられると・・・

詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。

農家イラスト

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。