HOMEくらしのガイド子育て離乳食 12~18か月頃
HOME子育て・教育子育て支援離乳食 12~18か月頃

離乳食 12~18か月頃

  • 噛みつぶす力も強くなってきているので、歯ぐきでつぶせる肉だんごくらいの固さを目安にします。
  • 栄養のほとんどを食事からとるようになるので、栄養のバランスは大切です。
    主食・主菜・副菜をそろえて、いろいろな食品を食べられるようにしましょう。
  • スプーンやフォークがまだ上手に使えなくても、興味があるなら持たせて、食べる練習をしましょう。
  • 1日3回の離乳食は、なるべく大人と同じ食事時間にして、家族そろって食事をする楽しさを教えることも大切です。

自分で食べる・飲む練習をしよう

スプーンやフォークは自分で持ちますが、まだ上手に使ったり食べることはできません。そんな時は手を添えてあげて、食べられるようにサポートしましょう。
また、1歳をすぎると牛乳をそのまま飲んでもかまいません。哺乳びんを使って飲むと虫歯になりやすいので、コップで飲む練習をしていきましょう。最初はほんの少しだけ飲み物を入れて練習します。
牛乳にはカルシウムなどとりたい栄養が入っていますが、飲みすぎると食事量にも影響するので、1日に300ml程度にしておきます。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード