HOMEくらしのガイド妊娠・出産貧血ってどうしてダメなの?
HOME子育て・教育妊娠・出産貧血ってどうしてダメなの?

貧血ってどうしてダメなの?

妊婦さんに多い 鉄欠乏性貧血とは・・・

血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンが少ない状態。
ヘモグロビンの主成分は「鉄」です。

貧血による影響

胎児へ

  • 十分に栄養が行き渡らない
    胎児の体をつくるのに必要な酸素は鉄にくっついて赤ちゃんへと運ばれます。その鉄(ヘモグロビン)が少ないと、胎児は、命を守るために最も大切な脳に優先的に酸素を運び、他の臓器の発達を遅らせます。
  • 早産になりやすい
    酸素や栄養の運搬が十分でなくストレスにさらされると、最低限の臓器を急いで成熟させて早く外界に出てこようとします。

出産時

  • お産が長引きやすい
  • 出血が止まりにくい
    出産後は、胎盤がはがれて出てきます。このとき出血がありますが、貧血で血液が薄い場合は、血が固まるのに時間がかかり出血が止まりにくくなります。その出血により貧血も進行することがあります。

産後

母乳は血液からできているので、貧血だと母乳が出にくくなる傾向があります。
体力が低下し、産後の回復も遅れやすいです。

赤ちゃんへ

母乳やミルクに鉄は含まれていません。妊娠中に十分発育した赤ちゃんは鉄を肝臓に貯めているので、生後しばらくはその鉄が使えます。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード