HOMEくらしのガイド子育て特別児童扶養手当
HOME子育て・教育子育て支援特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

精神又は身体に重度又は中度の障害を有するため、日常生活において介護を必要とする20歳未満の児童を育てている家庭に支給される手当です。手当はその児童の父母若しくはその養育者に支給されます。

支給要件

日本国内に住所があり、精神、知的又は、身体障害等(中程度以上)の状態にある児童を監護している父か母又は父母以外にかわってその児童を養育している方。ただし、次のいずれかに該当するような場合は、手当を受けることができません。また、現在受給中の方でいずれかに該当する場合は受給資格がなりますので、すぐに届け出てください。受給資格がなくなった後に受け取った手当は、返還していただくことになりますのでご注意ください。

  1. 対象児童が、児童福祉施設等に入所したとき。
  2. 対象児童の障害の程度が、手当の基準に該当しなくなったとき。
  3. 対象児童やその父母又は養育者が、日本国外に転出したとき。
  4. 対象児童の父母又は養育者が、対象児童の面倒をみなくなったとき。
  5. 対象児童の養育者が、対象児童と別居したとき。
  6. 対象児童が、障害を理由とする公的年金を受け取るようになったとき。
  7. その他(証書の注意事項を参照してください。)

所得制限

受給者本人の前年の所得が扶養親族が0人の場合4,596,000円(1人増すごとに38万円加算)又は配偶者及び扶養義務者の所得が6,287,000円(扶養者1人増すごとに21万3千円加算)を超えるときは支給されません。<平成25年度>

手当額

児童1人につき重度障害児を監護する方には月額49,900円(1級)、中度の障害児を監護する方には月額33,230円(2級)が支給されます。<平成26年4月現在>

支払月

毎年4月、8月、11月の3回に分けて支払われます。

支給方法

受給者名義の指定金融機関に振り込まれます。

申請手続

次に掲げる必要書類及び印鑑を持参のうえ、三好市福祉事務所子育て支援課又は各総合支所へ申請してください(※印の用紙・様式は子育て支援課及び各総合支所にあります)。

  1. 認定請求書 ※
  2. 戸籍謄本
  3. 世帯全員の住民票の写し
  4. 診断書 ※
    (療育手帳又は身体障害者手帳の写しで診断書にかえられる場合があります。)

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード