HOMEくらしのガイド子育てあかちゃんこんなことあんなこと
HOME子育て・教育子育て支援あかちゃんこんなことあんなこと

あかちゃんこんなことあんなこと

飲んでくれない、飲み過ぎが心配

飲んでくれない、飲み過ぎが心配というお母さんはとても多いのですが、あかちゃんにも小食なタイプや食欲の旺盛なタイプがいます。
飲まないというあかちゃんでも、元気で順調に体重が増えていれば心配はいりません。飲ませよう、飲ませようとすると、あかちゃんは緊張してますます飲まなくなったりもします。全体で足りていればいいのです。
あかちゃん時代の飲み過ぎ、太めも心配はいりません。お母さんやお父さんが丸々としたあかちゃんだったのなら、似ているのかもしれません。

なぜあかちゃんが便秘になるの

あかちゃんも便秘することがあります。ウンチが出にくくて、便の回数が減ったり、痛がって泣いたりします。母乳で育っている3~5カ月のあかちゃんは、病気ではないのに便の回数が減ることがよくあります。これは母乳の消化が良くて便になる成分が少ないのと、排便のためにいきむことがへたなのが原因です。離乳食が始まれば治りますので、苦しがらなければ治療の必要はありません。母乳やミルクの量が少ないことや、離乳食がはじまると繊維質の不足なども原因になります。便秘しやすい体質というのもあるようです。便が硬い、排便時にかなり苦しがるというときには医師に相談してください。
おうちでは、おなかをマッサージしたり、ベビーオイルを塗った綿棒で肛門の出口の硬いウンチを掻き出してあげたりしてみましょう。

指しゃぶりは遊びのひとつ

あかちゃん時代の指しゃぶりは、自然なことです。無理にやめさせたりする必要はありません。興味が広がると、いつの間にかやめていることが多いものです。歯並びが悪くなるといわれたりしますが、あかちゃん時代は大丈夫。

ウンチの色はなにいろ?

母乳やミルクしか飲んでいなくても、あかちゃんはいろいろな便をします。腸の動きなどによって、緑色だったり、白いつぶつぶが入っていたりします。離乳食がはじまると、便は硬めになって、臭いも強くなります。食べたものがそのまま出てくる、なんていうこともあります。
あかちゃんは、無菌状態で生まれてきますが、どんどん細菌がおなかに住みつきます。住みついた細菌は病原菌が増えるのを防いだり、消化吸収を助けたり、いろいろな活躍をしてくれます。もちろん、細菌には病気の素になるものもありますが、人間はいろいろな細菌とつきあって丈夫なからだになっていきます。この細菌の働きで、あかちゃんのウンチの色が変わったりするのです。

食物アレルギーが気になる

湿疹はあかちゃんに多いトラブルです。なかなか治らない湿疹がアレルギーとは限りません。皮脂がたくさん分泌するので、汚れた汗がたまって赤いポツポツができたり(乳児湿疹)、ベタベタした黄色いかさぶたになったり(脂漏性湿疹)していることが多いのです。
アレルギー湿疹はかゆみの強いのが特徴です。免疫反応ですから、外から侵入する抗原に対抗するためにできる抗体が過敏に反応して症状が出ます。血液検査や皮膚テストで診断しますが、簡単に原因を特定できるわけではありません。勝手に診断しないで、アレルギーの疑いがあるようなら、病院で診察を受けましょう。
アレルギーの原因となる食物は卵・牛乳・小麦などが代表的ですが、母乳に含まれる物質やミルクも原因となることもあります。もちろん、食物だけではなく、ハウスダストや花粉なども原因になります。

よだれはどうして出るの

あかちゃんといえばよだれかけ(スタイ)。でも、大人より多くよだれを出すわけではなく、口をしっかり閉めていないので、こぼれてしまうのです。口を閉じて物を飲み込むことも、だんだん覚えていくことのひとつなのです。
よだれはものを飲み込むのを助けてくれますから、よだれがたくさん出るようになると、そろそろ離乳食をはじめる頃です。

上手にスプーンから飲めない

「スプーンで飲ませてみましょう」と書いてあるけれど、あげると全部こぼしてしまう。嫌がって飲んでくれないこともあります。あかちゃんは、いろいろなものに慣れて、覚えていくのですが、はじめての体験は、上手くいかなかったり、嫌ったりするのは当たり前のことです。しばらくしてから、試してみればいいのです。
唇や舌や喉を使う方法も練習しながら、だんだん上手になっていくのです。はじめから、上手にできるのではありません。飲むことや食べることは、実は、声を出す訓練にもなっています。あかちゃんは驚くほどいろいろなことを一緒に発達させながら、成長しています。

寝返りやおすわりができるようになると、あかちゃんの目に入る世界が広がり、いろいろなものに興味を示します。
1日1回から離乳食をスタートして、少しずつ母乳やミルク以外の味や硬さに慣れていきます。

支えてあげるとたっちしたり、つかまり立ちができるようになっていきます。
離乳食の食べ方も「舌でつぶす」から「歯ぐきでつぶす」ことができるようになり、飲み込むのも上手になっていきます。

はいはいやつたい歩きができるようになると、あかちゃんの世界はもっと広くなります。
かわいい歯がはえはじめ、だんだん「歯で噛む」トレーニングがはじまります。

5~6か月頃(首すわり~寝返り)寝返りやおすわりができるようになると、あかちゃんの目に入る世界が広がり、いろいろなものに興味を示します。1日1回から離乳食をスタートして、少しずつ母乳やミルク以外の味や固さに慣れていきます。7~8か月頃(ひとりすわり~はいはい)支えてあげると立っちしたり、つかまり立ちができるようになっていきます。離乳食の食べ方も「舌でつぶす」から「歯ぐきでつぶす」ことができるようになり、飲み込むのも上手になっていきます。9~11か月頃(つかまり立ち~ひとり歩き)はいはいやつたい歩きができるようになると、あかちゃんの世界はもっと広くなります。かわいい歯がはえはじめ、だんだん「歯で嚙む」トレーニングがはじまります。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード