HOMEくらしのガイド子育て赤ちゃんの部屋を快適な環境に保ちましょう
HOME子育て・教育子育て支援赤ちゃんの部屋を快適な環境に保ちましょう

赤ちゃんの部屋を快適な環境に保ちましょう

日当たり、風通しのよい部屋を選んでね

赤ちゃんのお部屋づくりのポイントは、明るく、安全で、清潔で、静かなこと。日あたりと風通しの良い部屋を選びましょう。ただし直射日光が強く差し込む場所は避けます。ほこりを取り除き、カーテンもクリーニングするなどして赤ちゃんを迎える準備をしておきましょう。

  • 室温の目安は20~24℃。湿度の目安は50~60%。赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人より体温が高め。赤ちゃんにあわせて室温の調整を。
  • 床は、畳やフローリングがよい。カーペットの場合はダニが発生しやすいので、こまめに掃除機をかけ、風通しを良くしましょう。
  • 高さのある家具の上に落下しそうな物をおかないように。
  • 照明の真下は避けましょう
  • ベッドは窓から少し離れた所に置き、すきま風や照り返しなど、外気の影響を避ける。電話やテレビなどをそばに置かない。保護者がベッドから離れるときは、赤ちゃんが指を挟んだり、落ちたりしないように、開閉式またはスライド式の前扉を必ず上段位置に固定しましょう。
  • 冷暖房は温度と換気に注意
    暖房を使う場合は空気が汚れるのでこまめに換気を行い、加湿器を使う場合は雑菌がつかないよう器具の手入れを忘れずに、冷房は室温と外気温度の差を5℃前後にとどめましょう。

赤ちゃんの快適な部屋環境イラスト

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード