HOMEくらしのガイド子育て窒息・溺れなどの事故に注意しましょう
HOME子育て・教育子育て支援窒息・溺れなどの事故に注意しましょう

窒息・溺れなどの事故に注意しましょう

窒息による事故

0歳児ではふとん、シーツ、枕や額に貼ったジェル状「冷却シート」が口や鼻をふさぐことによる窒息事故が起きています。吐いたものや食べ物のどにつまれせることも多く、ゴム風船などの異物をつまらせて窒息することもあります。

ひとことアドバイス

窒息による事故

とくに柔らかいベッドやふとんは、窒息死の原因になることがあります。うつぶせ寝をさせたり、重いふとんを顔まで被せたりしないように気をつけましょう。ベッド内にひも、ビニール袋、タオル、ぬいぐるみは置かないようにしましょう。

お風呂場などでの事故

お風呂場で遊んでいるうちに浴槽に落ちたり、親が洗髪中などで目を離したすきに浴槽に落ち、溺れてしまうこともあります。また、浴槽用浮き輪で溺れる事故が起きています。1歳児の溺死の多くは浴槽で起きていますので注意が必要です。

ひとことアドバイス

=お風呂場などでの事故

お風呂場には外鍵をかけるようにしましょう。また、2歳になるまでは、入浴後浴槽の水を抜いておきましょう。入浴中に浮き輪を入れたまま目を離さないようにしましょう。

洗濯機、バケツ、洗面器などによる事故

小さな子どもは、バケツや洗面器に溜まったわずか10~20cmぐらいの水でも溺れてしまいます。

ひとことアドバイス

=洗濯機、バケツ、洗面器などによる事故

洗濯が終わったら必ず水を抜いておきましょう。また、バケツや洗面器で水遊びをしているときは、子どもを1人にしないようにしましょう。

プールや川、池、海などでの事故

夏場にはプールや川、池、海などで遊んでいるうちに落ちたり、深みにはまって溺れる事故も多くなります。

ひとことアドバイス

プールや川、池、海などでの事故

水遊びをするときは、必ず大人が付き添うようにします。また、水辺で遊んでいる子どもからは目を離さないようにしましょう。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード