HOMEくらしのガイド子育て外傷や打撲・骨折などの事故に注意しましょう
HOME子育て・教育子育て支援外傷や打撲・骨折などの事故に注意しましょう

外傷や打撲・骨折などの事故に注意しましょう

ドアや窓などによる事故

幼児が玄関ドアなどのちょうつがい側の隙間に手を入れていることに母親が気づかずにドアを閉め切断に近いケガをすることがあります。

ひとことアドバイス

ドアや窓などによる事故

ドアのちょうつがい側の隙間に手を挟まないための危険防止策として市販の隙間防止策として、市販の隙間防止カバーを利用するのもよいでしょう。

テーブルや家具などによる事故

つかまり立ちやつたい歩きをしているうちは、室内のテーブルや家具の角に頭や顔をぶつけてケガをすることがあります。

ひとことアドバイス

テーブルや家具などによる事故

テーブルや家具に限らず、角や縁の鋭い部分には、クッション材をつけるようにしましょう。

台所、リビングでの事故

ガス・電磁調理器台、冷蔵庫、包丁、ガラス食器などがある台所は、幼児の危険地帯です。高温になったグリル扉のガラスにさわり、やけどをするケースもあります。

ひとことアドバイス

台所、リビングでの事故

ベビーゲートを取り付け、なるべく台所には入れないようにしましょう・セーフティ用品をつけるのもよいでしょう。

道路や遊び場などでの事故

屋外で遊ぶようになると道路で転んだり、ブランコやすべり台、ジャングルジムなどから落ちてケガことも多くなります。また、立ち上がらせようと腕を強く引くと脱臼することもあります。

ひとことアドバイス

道路や遊び場などでの事故

小さいときから、外で遊ぶときのルールをしっかり教えましょう。子どもの行動をよく観察し、危険はないか日頃からの注意も必要です。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード