HOMEくらしのガイド子育て異物を飲み込んでしまったら
HOME子育て・教育子育て支援異物を飲み込んでしまったら

異物を飲み込んでしまったら

子どもが誤って何かを飲み込んだときには、水や牛乳を飲ませ、吐かせるのが原則ですが、例外もあるので注意しましょう。わからないときは119番で聞いてください。

誤飲の際の対応のポイント

誤飲の際の対応のポイント
品名 応急手当
タバコ 何も飲ませないのどの奥を刺激して、すぐに吐かせる。吐かせる
大部分の医薬品等 水や牛乳を飲ませるのどの奥を刺激して、すぐに吐かせる。吐かせる
バラジクロル・ベンゼン・ナフタリン・防虫剤等 水を飲ませる防虫剤等は油に溶けやすく、毒物の吸収を早めるので牛乳は飲ませない。吐かせる
除光液・灯油・ガソリン・ベンジン等の揮発性物質 何も飲ませない吐いた物が気管に入り、肺炎等を起こすので吐かせない。吐かせない・至急病院へ
トイレ用洗剤・漂白剤等の強酸・強アルカリ 牛乳・卵白を飲ませる無理に吐かせると食道等の粘膜を傷めるので吐かせない。吐かせない・至急病院へ
金属・ボタン電池 何も飲ませない医師に相談し、便の中に出てくるのを待つ。電池は成分が胃の中で溶けることがあるのですぐ医師に相談する。吐かせない・病院へ

チェックポイント...病院へ連れて行くときには!

  1. 何を飲んだか
  2. いつ飲んだか
  3. どれだけの量を飲んだか
  4. 顔色が悪いなどいつもと違うところはないか
  5. けいれんを起こしていないか
  6. 意識ははっきりしているか
  7. 誤飲した者の容器、袋、説明書などを持って行く

少量の誤飲ではほとんど無害なもの(1g・1ml未満)

食用油・酒・冷蔵庫用脱臭剤・保冷剤・マッチの先端・ろうそく・インク・クレヨン・絵の具・えんぴつ・消しゴム・墨汁・粘土・糊・石けん・おしろい・口紅・クリーム・化粧水・香水・ベビーオイル・乳液・ベビーパウダー・歯磨き粉・シャンプー・ヘアートニック・シリカゲル・線香・蚊取マット・花火・靴墨・体温計の水銀

中毒110番

子どもが毒物(薬、化学薬品、有毒植物など)を飲んだ場合は、毒物の種類によって応急手当の方法がちがいます。わからないときは119番、かかりつけの医師または、中毒110番へ問い合わせください。

  • つくば中毒110番(無料)電話029-852-9999
  • 大阪中毒110番(無料)電話072-727-2499
  • タバコ専用電話(無料)電話072-726-9922

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード