HOMEくらしのガイド子育て頭を打ったり、打撲をしたら
HOME子育て・教育子育て支援頭を打ったり、打撲をしたら

頭を打ったり、打撲をしたら

頭の傷は意外に出血が多く、驚くことがありますが、傷の広さ、深さ、コブの状態、意識はあるかなど、よく観察しましょう。

頭を打ったとき

頭を打ったときイメージ図

傷口から出血しているときの手当は、ガーゼで傷口が閉じるように圧迫し、安静にして様子を見ましょう。意識がない、吐く、けいれんしているなどの場合には、すぐに救急車を呼び、吐物による窒息を防ぐために顔を横に向けて、体を動かさないようにします。
もし、呼吸がない場合には、気道を確保して人工呼吸をしましょう。
また、いつまでも不機嫌な状態が続くような時は、病院に行きましょう。
頭を打った場合には、遅れて症状が出ることがありますので、安静にして1日~2日は注意深く観察しましょう。

 

体を打ったとき

体を打ったときイメージ図

腕や足などを打ったときは、冷たいタオルで打った部分を冷やします。
また、おなかを強く打ったときは、衣類をゆるめて、動かしたり揺すったりせず安静にして病院へ連れて行きましょう。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード