HOMEくらしのガイド子育ていざというときあわてないために
HOME子育て・教育子育て支援いざというときあわてないために

いざというときあわてないために

もし事故が起こってしまったら、まず気持ちを落ちつけて行動しましょう。
そのためにもふだんから準備と心構えが大切です。

中毒110番 (財)日本中毒情報センター

子どもが毒性の高いもの(薬、化学薬品、有毒植物など)を飲み込んでしまった場合は、毒物の種類によって応急手当の方法がちがいます。下記の3か所において、中毒情報の提供および相談が実施されています。

  • つくば中毒110番(無料)
    電話029-852-9999(9時から21時 365日対応)
  • 大阪中毒110番(無料)
    電話072-727-2499(24時間年中無休)
  • タバコ専用電話(無料)
    電話072-726-9922(24時間テープによる情報提供)
    (通話料はかかります)

いつでも相談できる主治医をもち、緊急時の連絡先(主治医、夜間休日診療)などは、いつでもわかるようにメモしておきましょう。かかりつけの医師、病院の電話番号などは、電話の前に貼っておきましょう。

母子健康手帳・保険証・診察券などは、ひとまとめにし、いつでも持ち出せるようにしておきましょう。小銭やテレホンカード、ある程度の現金も一緒にしておくと便利です。

救急箱の中に不足しているものや期限切れのものがないか常に点検し補充しておきましょう。三角巾や包帯を用意しておくと便利です。また消毒液、ガーゼなどは常に補充しておきます。

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード