HOMEくらしのガイド子育て発疹(ほっしん)
HOME子育て・教育子育て支援発疹(ほっしん)

発疹(ほっしん)

観察のポイント

  • 発疹ではあまり緊急を要することは多くありません。たいていは翌日の受診で間に合います。
  • 水ぼうそうは、早めにお薬を飲むと軽くなることがあります。
  • はしかは、とてもつらそうならすぐに受診してください。

症状別の考えられる病気の一覧表。どの場合も人に感染する可能性があるので電話等で先にかかりつけ医等に相談した上で、診てもらってください。また、時間とともに、具合が悪くなったら、小児科のある医療機関を受診してください。かゆみがある→皮膚のブツブツにうみや汁がある→とびひ。かゆみがある→小さな水ぶくれがポチポチと出てきた→水ぼうそう。かゆみがある→皮膚に小さな赤いブツブツがいっぱい出て舌にイチゴのようなブツブツがある→溶連菌感染症。発熱がある→機嫌が悪く、目が赤く、くちびるも赤く、下にイチゴのようなブツブツがある→川崎病。発熱がある→リンゴのような赤いほっぺたになる→伝染性紅班(リンゴ病)。発熱がある→発熱4日目ごろから、皮膚のブツブツが出始め、目やに、せきがひどく、元気がない→はしか(麻疹)

参考文献

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード