HOMEくらしのガイド子育て誤飲(誤食)
HOME子育て・教育子育て支援誤飲(誤食)

誤飲(誤食)

観察のポイント

  • 落ち着いて、何を飲み込んだか周囲にあるものから推測してください。
  • ものによっては、ほんの少量でも生命に危険をおよぼす場合もあるので、子どもの周りに危険なものがないか、常に子どもの目の高さで確認しておきましょう。
  • 何を飲んだかという情報が大切です。医薬品、洗浄剤、消臭剤、殺虫剤などの場合は、受診の際に、その成分が分かる証明書や箱、ビンなどを持参してください。

誤飲した場合のフローチャート。意識がないけいれんを起こしている→救急車を呼ぶ!意識はある→灯油、ベンジン、マニキュア、除光液、洗浄剤、漂白剤、ボタン電池など→吐かせない!!→小児科のある医療機関を受診してください。意識はある→たばこ、ホウ酸団子、ナフタリン、パラジクロルベンゼン、大量の医薬品など→すぐ吐かせる!!小児科のある医療機関を受診してください。意識はある→化粧品、シャンプー、芳香剤、石けん、マッチ、クレヨン、シリカゲル、粘土、保冷剤、体温計の水銀、植物活性剤など→異物をできる限り取り除きしばらく様子をみる→時間とともに具合が悪くなったら小児科のある医療機関を受診してください。

家庭で対処すること

  • 異物が口の中に見えるときは、人差し指をほおの内側に沿って差し入れ、詰まっているものをかきだす。あわててのどの奥に押し込まないよう注意しましょう。
  • のどに詰まっている時は、頭を下にして背中を叩いてください。
  • 吐かせる時には、指をのどの奥に入れて舌を押し下げます。
  • 異物を飲み込んだ場合は、下記の表を参考に速やかに応急処置をしてください。
  • 応急処置がわからない時は、(財)日本中毒情報センター(中毒110番)に問い合せてください。

(財)日本中毒情報センター(中毒110番)
つくば:029-852-9999(365日、9時~21時対応、無料)
大阪:072-727-2499(365日、24時間対応、無料)
タバコ専用電話:072-726-9922(365日、24時間対応、無料)

注意すること

  • 自宅で応急処置ができない時や、応急処置の方法がわからない時には、医療機関に電話連絡を入れてから、速やかに受診しましょう。(医薬品を含む化学物質では、口に入れてから時間が経つほど処置の効果が得られにくくなります。)

Q1 タバコを食べてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

A1.タバコは味が悪く、たくさん食べることはほとんどありません。まず、その場に残っているものを確認してください。それから吐かせましょう。タバコの成分のニコチンの吸収はゆっくりで、しかも吸収されると嘔吐を起こすことが多いので、重い中毒症状に至ることはほとんどありません。2cm以上食べたようでしたら、すぐに受診しましょう。しかし、水に溶けたニコチンは吸収されやすく、ニコチン中毒を起こすことがあります。灰皿の水やタバコの吸い殻が入ったジュースの缶などの残りを飲んだ場合は、至急、受診しましょう。

参考文献

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード