HOME記事幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化について

 2019年10月から3歳から5歳までの幼稚園、保育所(園)、認定こども園等を

 利用するすべての子どもたちの利用料が無償化されます。

 0歳から2歳の子どもたちについては、市民税非課税世帯が対象となります。

幼稚園、保育所(園)、認定こども園等を利用する子どもたち

【対象者・利用料】

 ○ 幼稚園、保育所(園)、認定こども園等を利用する3歳から5歳までのすべての子どもたちの利用料が

   無償化されます。     

   ・無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。

   ・行事費、延長保育料などは、これまでどおり保護者負担になります。    

 ○ 0歳から2歳までの子どもについては、市民税非課税世帯を対象として利用料が無償化されます。

   ・無償化が始まったあとも、既存の軽減(第2子、第3子の多子軽減)は継続されます。

【対象となる施設・事業】

 ○ 幼稚園、保育所(園)、認定こども園に加え、地域型保育所、企業主導型保育事業(標準的な利用料)

   も同様に無償化の対象となります。

幼稚園の預かり保育を利用する子どもたち

【対象者・利用料】

 ○ 預かり保育の無償化の対象となるためには、三好市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

   ※保育の必要性の認定の要件については、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)

    があります。申請は原則、通われている園を経由しての申請になります。

 ○ 幼稚園の利用に加え、利用日数に応じて最大月額11,300円までの範囲で預かり保育の

   利用料が無償化されます。

認可外保育施設等を利用される子どもたち

【対象者・利用料】

 ○ 無償化の対象となるため、三好市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

   ※保育所(園)・認定こども園等を利用できていない方が対象となります。

   ※保育の必要性の認定の要件については、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)

    があります。

 ○ 3歳から5歳までの子どもは月額37,000円まで、0歳から2歳までの市民税非課税世帯の

   子どもたちは、月額42,000円までの利用料が無償化されます。

【対象となる施設・事業】

 ○ 認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業

   ファミリー・サポート・センター事業を対象とします。

   ※無償化の対象となる認可外保育施設は、県に届出を行い、国が定める基準を満たすことが

    必要です。ただし、基準を満たしていない場合でも無償化の対象とする5年間の猶予期間

    があります。

 ○ 就学前の障がい児の発達支援を利用する子どもたちについても、3歳から5歳までの利用料が

   無償化されます。

問い合わせ先

・保育所・認定こども園・認可外保育施設等について

   三好市環境福祉部 子育て支援課    TEL:0883-72-7648

・幼稚園について

   三好市教育委員会 学校教育課     TEL:0883-72-3555

・児童発達支援等について

   三好市環境福祉部 長寿・障害福祉課  TEL:0883-72-7610

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。