HOME記事危機関連保証について

危機関連保証について

危機関連保証とは

 突発的に生じた大規模な経済危機、災害等の事象により著しい信用収縮が生じた中小企業者に対して信用保証協会が資金調達支援を行うことで、事業継続や経営の安定を図ることを目的とする保証制度です。

 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、危機関連保証が発動(2020年3月13日付)されました。

 この認定を受けることで、一般保証及びセーフティネット保証とは別枠で信用保証協会の保証を受けることができます。

 

 危機関連保証制度の概要

 

認定書の有効期間の変更について

 認定書の有効期間は、認定書の発行から30日間ですが、2020年3月13日から2020年7月31日までの間に発行された認定書については、認定の終期が2020年8月31日までとなりました。

 2020年3月13日以降、既に発行された認定書については、有効期間の終期を2020年8月31日までと読み替えて使用することができます。(訂正の必要はありません。)

 

指定期間

 2020年2月1日から令和3年1月31日まで

 

利用対象者

 売上高等が減少する等、経営の安定に支障を生じていることについて市区町村長の認定を受けた中小企業者

 

認定基準

 以下(1)(2)の両方を満たすこと

 (1)金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としていること。

 (2)指定要件に起因して、原則として、最近1ヵ月間の売上等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2ヵ月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、経営の安定に支障を生じている次の方も申請できる場合があります。

 ・創業後1年を経過しておらず、前年の売上高等との比較ができない方

 ・1年前から店舗数や事業内容が増えている又は業態を変換したため、事業全体では売上高等の減少要件を充足していないが、一部店舗又は事業で要件を充足する方

【認定基準】 次の1から3のいずれかの基準で比較し、15%以上減少している場合、申請することができます。

 1 最近1ヵ月の売上高等と最近1ヵ月を含む最近3ヵ月の平均売上高等を比較

 2 最近1ヵ月の売上高等と2019年12月の売上高等を比較、かつ、その後2ヵ月間(見込み)を含む3ヵ月の売上高等と2019年12月の売上高等の3倍を比較

 3 最近1ヵ月の売上高等と2019年10月から12月の平均売上高等を比較、かつ、その後2ヵ月間(見込み)を含む3ヵ月の売上高等と2019年10月から12月の3ヵ月を比較

 運用緩和措置における認定申請書については、別途ご相談ください。

 

手続きの流れ

 三好市で認定を受けるためには、

 法人の場合 登記上の事業所又は事業実態のある事業所の所在地が三好市にある

 個人の場合 事業実態のある事業所の所在地が三好市にある

 ことが必要です。

 認定を受けられる方は、三好市商工政策課の窓口に認定申請書を提出(その事実を証明する書面等の添付が必要)してください。

 ただし、認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。三好市から認定を受けた後、認定の期間内に金融機関又は信用保証協会に対し、保証付融資を申し込むことが必要です。

 

申請に必要な書類

 危機関連保証認定申請書.pdf (PDF 49.8KB) 1部

 売上高比較表.pdf (PDF 39.2KB) 1部

 認定要件を満たす売上高の減少がわかる資料(試算表、売上台帳、決算書 等)1部

 三好市で事業を行っていることがわかる資料(履歴事項証明書 等)1部

 なお、認定申請にあたり、申請者が本人以外の場合(金融機関等の方が代理で申請する場合等)は、委任状が必要です。

 委任状(危機関連保証用).pdf (PDF 91KB)

 ※これまでは認定申請書を2部ご提出いただいておりましたが、特例中小企業者認定要領の一部改正(2020年4月27日付け)を受け、1部に変更いたしました。

 

 

カテゴリー

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。