HOME記事マイナンバー制度における情報連携について

マイナンバー制度における情報連携について

平成29年11月13日からマイナンバーの本格運用が開始されます

マイナンバーを利用して行政機関の間で情報をやりとりする「情報連携」(※)及びマイナンバー制度の導入に併せて新たに構築している個人ごとのポータルサイト「マイナポータル」について、平成29年11月13日から本格運用を開始しますので、お知らせします。本格運用が開始されるとマイナンバーの本来の目的である「国民の利便性の向上」、「行政の効率化」、「公平・公正な社会の実現」が実現されます。

「情報連携」

情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民の皆様が行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、 専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間でマイナンバーから生成された符号をもとに情報をやり取りすることです。

マイナンバー制度の情報連携について (PDF 542KB)

  • 各種手続の際にマイナンバーを申請書等に記入することで、市役所やハローワークに提出する必要があった書類を省略できるようになります。
  • マイナンバーを提供する際は、マイナンバーカード等の本人確認書類(番号の確認と身元の確認ができる書類)をご用意ください。
    ※本人確認の方法について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

情報連携の対象手続について

本格運用開始時点において情報連携可能な事務手続は、地方公共団体での児童手当や介護保険、地方税の減免手続をはじめ、 健康保険関係、ハローワーク関係、奨学金関係の各種手続など、以下の一覧のとおりです。 

マイナンバー制度の情報連携に伴い省略可能な主な書類の例(2017年11月13日時点) (PDF 107KB)

  • 三好市が申請先となる個別の事務手続につきましては、担当課にお問い合わせください。手続きにより引き続き添付書類が必要となる場合もあります。
  • 徳島県や他市町村、ハローワーク等の他行政機関が申請先となる手続きに関しましては、当該機関へ直接お問い合わせください。

マイナポータル

マイナポータルは、政府が運営するオンラインサービスです。子育てに関する行政手続きがワンストップでできたり、行政からのお知らせが自動的に届いたりします。マイナポータルとは

 
マイナポータルでできる事
情報提供などの記録表示
(やりとり履歴)
あなたの個人情報を行政機関がやりとりした履歴の確認できます。
自己情報表示
(あなたの情報)
行政機関などが持っているあなたの特定個人情報の確認できます。
サービス検索・電子申請機能
(ぴったりサービス)

あなたに合ったサービスの検索やオンライン申請が利用できます

マイナポータルを利用するには下記のものが必要となります。

  • マイナンバーカード
  • マイナポータルに対応したICカードリーダーライタ
  • パソコン

※パソコン、カードリーダーをお持ちでない場合には三好市役所本庁3階および各支所で専用端末が利用できます。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード