HOME健康・福祉高齢者福祉後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

後期高齢者イメージイラスト

平成18年6月に成立した「高齢者の医療の確保に関する法律」により、今までの老人保健制度にかわって平成20年4月から、75歳以上の方を対象とする新たな医療保険制度として、後期高齢者医療制度がスタートしました。後期高齢者医療制度は、県内全市町村が加入する徳島県後期高齢者医療広域連合が運営主体となり、各市区町村は保険料徴収や窓口業務(申請・届出の受付等)を行います。

広域連合と三好市の役割分担

徳島県後期高齢者医療広域連合

後期高齢者医療制度を運営する保険者になり、加入決定、保険料の決定や医療を受けたときの給付を行います。

三好市

保険料の徴収や各種申請書・届出の受付、被保険者証の引渡しなどの窓口業務を行います。

対象者及び加入手続き

75歳以上の方

75歳の誕生日から対象になります。手続きは不要です。75歳の誕生日の前日までに新しい被保険者証を送付します。

一定の障がいのある65歳以上75歳未満の方

広域連合が認定した日から対象になります。市役所または各総合支所窓口で、障害認定の申請が必要です。
(国民年金等の障害年金1、2級の証書、身体障害者手帳1~3級と4級の一部、療育手帳A(重度)判定、精神障害者保健福祉手帳1、2級など障がいの程度を証明できるものが必要です)

※いずれも、生活保護を受給している方は対象外となります(中国残留邦人に対する支援給付を受けている方も対象外です)。

→手続きについてより詳細な説明はこちらをご覧ください(同ページの下部に移動します)

保険料について

(→詳しくは、徳島県後期高齢者医療広域連合のサイトへ

  • 保険料は、所得等に応じて個人ごとに算定します。
  • 保険料は、被保険者一人ひとりが納めます。
  • 世帯主や配偶者にも保険料の支払い義務があります(連帯納付義務)。
  • 保険料には、被保険者全員が負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」があります。
  • 保険料は、均等割額と所得割額の合計後、100円未満を切捨てした額になります(限度額57万円)。
  • 各年度の保険料は、4月から翌年3月までの1年間分です。
  • 年度途中で加入した方の保険料は、月割計算され、被保険者である期間分の保険料額が賦課されることとなります。
  • 保険料額は、徳島県後期高齢者医療広域連合議会において、議決・制定されます。

納入通知書(年間保険料額のお知らせ)の送付について

  • 毎年8月上旬にお送りします。
  • 1年間の保険料額のほか、保険料の納め方や納期ごとの保険料額が記載されていますので、必ずご確認ください。
  • 現金払い用の納付書が送られてきた方は、金融機関などで保険料を納めてください。

低所得世帯の均等割額の軽減

(→詳細は、徳島県後期高齢者医療広域連合のサイトへ

  • 低所得者について、法令により定められる所得基準を下回る場合には、均等割の軽減措置が設けられています。
  • 確定申告などの所得申告がお済みの方は、自動的に軽減を受けるための判定をしますので、手続きは不要です。

保険料の納付方法

保険料の納め方には以下の方法があります。

特別徴収

年金の受給月ごとに、年金からの天引きにより納める方法。

普通徴収

市町村から送られる納付書や口座振替により納める方法。

  • 保険料は、原則として「特別徴収」により納めていただくことになりますが、特別徴収とならない場合もあります。
  • 特別徴収の金額要件の判定や、特別徴収の開始時期については、三好市において決定しています。
  • 詳細については、保険医務課(後期高齢者医療担当0883-72-7613)の窓口までお問い合わせください。

納付方法の変更

特別徴収(年金からの天引)の納付方法を変更したい場合は、口座振替による保険料の納付の方法に変更することができます。ご希望の方は、三好市役所(保険医務課・窓口番号6)または各総合支所の窓口へお申し出ください。

  • 変更後に口座振替を行う口座の名義人は、被保険者本人を含めどなたのものでもかまいませんが、以後の保険料支払いに支障が出ると認められる場合などは変更を受け付けられない場合があります。また、口座振替において振替不能となった方は年金からのお支払いに戻ります。
  • 後期高齢者医療制度の保険料は、所得税・個人住民税の社会保険料控除の対象となります。
  • 保険料納付方法変更の申し出の際に被保険者本人名義以外の口座を指定した場合、その口座名義人が社会保険料控除を受けられます。

手続きに必要なもの

印鑑、被保険者証を、窓口に持参してください。
申請者は本人または代理人でも結構です。

受けられる給付について

療養の給付(病気やけがの治療を受けたとき)

被保険者が、病気やけがで保険医療機関を利用したときは、被保険者証を提示すれば療養の給付を受けることができます。費用として、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)を自己負担します。

所得区分及び負担区分
所得区分 負担区分
現役並み所得者 住民税課税所得が145万円以上で、収入が高齢者複数世帯で520万円以上、高齢者単身世帯で383万円以上の方 3割
一般 現役並み所得者、低所得者以外の方 1割
低所得者2 属する世帯の世帯員全員が住民税非課税である方 1割
低所得者1 世帯員全員が住民税非課税で、各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯の方(単身世帯・年金収入のみの場合、受給額80万円以下の方等) 1割

入院時食事療養費(入院したときの食事代)

被保険者は、入院する場合は、食事代のうち国が定めた費用(所得区分ごとに設定されます)を自己負担します。
低所得者1・2の方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市役所または各支所の窓口に申請して下さい。

入院時の食事代の標準負担額(1食あたり)
所得区分 食費
現役並み所得者 260円
一般 260円
低所得者2 90日までの入院 210円
過去12か月で90日を超える入院 160円
低所得者1 100円

入院時生活療養費(療養病床に入院したときの食事代・居住費)

被保険者は、1か月に支払った医療費が、自己負担限度額(所得区分等によって細かく設定されます)を超えたときは、市町村窓口に申請し、認められると限度額を超えた分を高額療養費として受給出来ます。
低所得者1・2の方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市役所または各支所の窓口に申請して下さい。

療養病床の標準負担額
所得区分 1食あたりの食費 1日あたりの居住費
現役並み所得者 460円(注1) 320円
一般 460円(注1) 320円
低所得者2 210円 320円
低所得者1 130円 320円
低所得者1(老齢福祉年金受給者) 100円 0円

(注1)管理栄養士又は栄養士により栄養管理が行われているなどの一定の要件を満たす保険医療機関の場合。それ以外の場合は420円となります。

高額療養費(1か月に支払った自己負担が高額になったとき)

  • 被保険者は、1か月(同じ月内)に支払った医療費が、自己負担限度額(所得区分等によって細かく設定されます)を超えたときは、市役所または各総合支所の窓口に申請し、認められると限度額を超えた分を高額療養費として受給出来ます。
自己負担限度額
所得区分 外来の限度額
(個人ごとの限度額)
外来+入院の限度額
(世帯ごとの限度額)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%)
(注2)4回目以降44,400円
一般 12,000円 44,400円
低所得者2 8,000円 24,600円
低所得者1 8,000円 15,000円

(注2)過去12か月の間に、外来+入院の高額療養費の支給を4回以上受ける場合の4回目以降の限度額

高額介護合算療養費(1年間に支払った自己負担が高額になったとき)

  • 医療保険と介護保険の給付を受けた場合、1年間に支払った医療費と介護保険サービスの利用料の合算額が、国が定めた自己負担限度額を超えたときは、市町村窓口に申請し、認められると限度額を超えた分を高額介護合算療養費として受給出来ます。
  • 医療保険・介護保険に支払った金額に応じて、徳島県後期高齢者医療広域連合(医療保険者)とみよし広域連合(介護保険者)からそれぞれ支給を受けます。

訪問看護療養費(訪問看護を利用したとき)

被保険者は、医師の指示で訪問看護を利用したときは、費用の1割(現役並み所得者は3割)を自己負担し、残りを後期高齢者医療が負担します。

療養費(やむをえず全額自己負担したとき)

急病等で被保険者証を持たずに医療機関にかかったときや、医師の指示によりコルセット等の補装具を作った場合等で医療費の全額を支払ったときは、後から市町村窓口に申請し、認められると支払った費用の一部を療養費として受給出来ます。

特別療養費

資格証明書の交付を受けている方が保険医療機関にかかり、医療費の全額を支払った場合、申請により支払った額のうち自己負担額を除いた額を支給します。

移送費

療養の給付を受けるため、医師の指示により病院や診療所に移送されたとき、申請により、後期高齢者医療広域連合が認めた場合に支給します。

葬祭費(被保険者が死亡したとき)

被保険者が死亡したときは、申請することにより葬祭を行った者に対して葬祭費を20,000円支給します。
葬祭費支給金額に関しては、徳島県後期高齢者医療広域連合条例で定められています。

後期高齢者健康診査

後期高齢者医療制度に加入されている方を対象に、糖尿病などの生活習慣病の早期発見や重症化の予防のため、健康審査を実施します。

  • 対象者
    三好市にお住まいの後期高齢者医療制度の被保険者(入院をされていた方または生活習慣病と診断された方を除く)が対象です。
    健康診査の対象となる方には、次のとおり「健康審査受診券」を送付いたしますので、「被保険者証」とともにお持ちになり、指定医療機関で健康診査を受けてください。
    なお、入院または生活習慣病と診断された方で、過去1年間に血液検査や尿検査をしていない方は、8月以降に窓口にて手続きのうえ、健康診査申込書の提出をお願いします。また、受診する年の1月~9月の間に後期高齢者医療に加入された方は加入時期に応じ次のとおり健康診査申込書を送付します。入院をされていない方または生活習慣病と診断されていない方で受診を希望される方は、広域連合事務局までお申し込みください。後日受診券を送付いたします。

入院していない方または生活習慣病と診断されていない方

8月ごろ受診券を発送いたします

受診する年の1月~9月の間に後期高齢者医療に加入された方

送付時期
後期高齢者医療制度にご加入の時期 健康診査申込書の送付時期(予定)
1月~3月 5月
4月~5月 6月
6月~7月 8月
8月~9月 10月
  • 検査項目
    身体計測、血圧測定、血液検査、尿検査
  • 受診費用
    無料
  • 受診期間
    12月末日まで
  • 受診できる医療機関
    健康診査受診券に同封してある、健康診査実施機関一覧表により選択してください

申請や届出が必要な場合について

加入手続き
加入手続き 届出が必要となるとき 届出に必要なもの
生活保護が廃止になったとき
  • 印かん
  • 「保護廃止決定通知書」
他県の広域連合の住所地特例に該当しなくなったとき
  • 印かん
    ※他県の広域連合にもその旨の届出が必要となります。
県外から転入してきたとき
  • 印かん
  • 他県の広域連合が発行する「負担区分等証明書」
  • 「被扶養者・障害・特定疾病証明書」
    ※他県の被保険者証は他県の広域連合へ返却することとなります。
一定の障害のある方が65歳になるとき、または、65歳を過ぎて一定の障害のある状態になり、後期高齢者医療制度に加入するとき(届出日以降の資格取得となります。)
障害認定に該当する方
  • 障害年金等の受給者であり国民年金証書1・2級の方等
  • 身体障害者手帳1・2・3級及び4級の一部の方(音声機能・言語機能・下肢障害の一部)
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級の方
  • 療育手帳A1・A2の方
  • 国民年金の障害年金に該当する程度の状態にあるが、年金の裁定を受けられない方であり、身体障害者手帳の交付を受けることができない疾病の方
  • 印かん
  • 「障害年金受給が確認できる国民年金証書」または「障害者手帳」等
    ※加入前の医療保険の保険者に資格喪失の届出を行うとともに、被保険者証と高齢受給者証をご返却ください。
75歳になったとき ※手続は不要です。75歳の誕生日までにお住まいの
市町村から被保険者証をお届けします。
脱退手続き
脱退手続き 届出が必要となるとき 届出に必要なもの
県外に転出するとき
  • 印かん
  • 被保険者証
    (徳島県の広域連合が発行する「負担区分等証明書」・「被扶養者・障害・特定疾病証明書」を他県の広域連合へ提出することとなります。)
徳島県の住所地特例に該当しなくなったとき
  • 印かん
  • 被保険者証
    (他県の広域連合にもその旨の届出が必要となります。)
生活保護を受け始めたとき
  • 印かん
  • 被保険者証
  • 「保護開始決定通知書」
被保険者が死亡したとき
  • 印かん
  • 被保険者証
障害認定を撤回するとき(届出日以降の資格喪失となります。)
  • 印かん
  • 被保険者証
    (徳島県の広域連合が発行する「喪失証明書」を、加入しようとする医療保険の保険者へ提出する必要があります。)
障害の状態が軽くなり、障害認定に該当しなくなったとき
  • 印かん
  • 被保険者証
    (徳島県の広域連合が発行する「喪失証明書」を、加入しようとする医療保険の保険者へ提出する必要があります。)
その他
その他 届出が必要となるとき 届出に必要なもの
氏名・住所(県内異動)・世帯を変更したとき
  • 印かん
  • 被保険者証
他県の施設に転出し、徳島県の住所地特例に該当することとなったとき
  • 印かん
  • 被保険者証
    (他県の広域連合にもその旨の届出が必要となります。)
証の紛失等で再交付を受けるとき
  • 印かん
  • 証が破れた場合等、「破損等した証」
    (紛失した証を発見した場合は、直ちに発見した証を返却していただくこととなります。)
病院等に入院中であり、住所地に居住していないため、書類の送付先を病院等に変更するとき
  • 印かん
  • 被保険者証
    (送付先を元に戻す場合も、届書の提出が必要となります。)

関連リンク

徳島県後期高齢者医療広域連合(制度について詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。)

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。

カテゴリー
キーワード